フィラリア予防薬の効果|フィラリア予防薬の種類と購入方法を知ろう
白い錠剤

フィラリア予防薬の効果

内服薬の袋と薬

ハートガードプラス(日本でいうカルドメック)やアドボケート、レボリューションやパノラミスなど、世界中で開発されているフィラリア予防薬の種類は非常に多くなっています。
基本的なフィラリア予防薬の効果はどれも同じで、犬猫の体内に寄生しているフィラリアや消化管内寄生虫(回虫や鉤虫など)の駆除と予防です。
主成分は薬の種類によって違うため、成長段階に関係なくフィラリアを駆除してくれるものもあれば、フィラリアの幼虫に対してのみ効果を発揮するものもあります。
また、内部寄生虫に対してのみ殺虫作用を持っているものもあれば、ノミやダニなどの外部寄生虫の駆除も同時におこなってくれるものもあります。

駆除してくれる寄生虫の範囲については各フィラリア予防薬によって違うのですが、予防についてはどれも似た効果を持っています。
寄生虫たちに対する殺虫作用が1ヶ月間持続してくれるため、毎日投与しなくても月1の投与で予防薬として犬猫の体を守ってくれるのです。
頻繁に投与しなければいけないわけではないので、投与し忘れによるリスクはかなり減っています。
ただし、蚊が発生する時期は毎月投与しなければいけないため、夏場などの数ヶ月間は必ず月に1度の投与はしてあげましょう。
毎月1日に投与するなど、みなさんがわかりやすい日を投与日と決めておくと便利ですよ。